ランドセルっていつ買えばいい?すぐに売り切れる?

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

寄付する気持ちとは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象の発端となった最初に贈った人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを検討している場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前なら体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルはその中でもランドセルは価格に幅がありいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合はセイバンなどの国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

機能的にほぼ変わらない前年モデルの製品や、機能的にほぼ変わらない前年の型落ち品やキャンセル品が定価に比べかなり安く買えます。

みなさんが子供の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンをどこに置くかです。

ただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、現在リビングで使っているラックの一部をランドセル用に使う、ランドセル自体がそれなりに重さがあるのでフックの強度に気をつけてください。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

ここでいう丈夫さとは素材の質が良くて型崩れしにくいことなどです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、水色や紫といった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番人気を争い続けています。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学の子供をお持ちの方はすでに購入されましたか?

参考:ランドセル買うタイミングは?値段・売り切れ心配【早め?ギリギリ?】

最近ではデザインや素材にこだわったランドセルは生産可能数などの問題から早めに注文しないと売り切れることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」からスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けでは水色や紫が人気でしたがブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

年々選択の幅が広がるランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けの最近のトレンドとしては王冠の刺繍などプリンセス感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は人気です。

刺繍などがないシンプルな見た目の場合では本体はチョコレートブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

例えば、ランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多くてわかりにくいので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う会社、企画まで任せて販売のみ行う会社の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はまず間違いないです。

次にリスクが低いのは販売のみ行う企業です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが高学年になると趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも大変だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのがダメとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと選択肢が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており実際に7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいるというデータもあります。

約70%の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

6年間使い続けるということを考えると安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

実際に百貨店で販売員をしていた方の言葉を参考にするとやはり3万円以上の製品の方が丈夫で壊れにくいようです。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

少し前までは捨ててしまう人も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセルを一緒に選んでいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。