住宅ローン借り換えの審査はどうなっている?

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

住宅を購入する事を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローン減税はネットバンク・銀行・信用金庫などの金融機関から申し込みが出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査にかかる時間は約1週間ほどです。

ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

多くの方が申し込み?3.
4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。

自宅が欲しいと思ったとき住まいの融資に頼る人がほとんどでしょう。

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なので評判などを気にしながら選びたいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

サイト内は資金に関係する事柄だけでなく従業員の接客態度、お店は清潔感があるかどうかまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり良い契約を結びたいと思っている人にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

参考:住宅ローン審査に落ちない方法は?審査基準検証!【借り換えは厳しい?】

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

そのため、大半の人は1回限りで終わります。

正直な話、ベストな時期は誰にもわかりません。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは専門家も予測不可能だからです。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは経済の専門家でも予測不可能だからです。

借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

月々のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険に加入することも継続することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、ほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

住宅ローンを契約した際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

ネット上で借り換えについて説明されているのは固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

基本的には変動金利の方が1%から2%低く設定されているので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかしこの場合では、金利変動リスクはありません。

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どんな場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実態は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義にしなければいけないことがあります。

こういった夫婦などでの連帯債務の借り換えには金利以外に税負担が発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの借り換えにかかる費用と贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいいケースもあります。

住宅ローン借り換えに関して調べものをしていると気になる事実を見つけました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は新たに住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンは自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、他のローンなどを探しても借り換え前よりも良い条件の金融商品はなかなか見つからないと思います。

他にも離婚で別居する際なども同じことが言えます。

ほとんどの利用者が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え申し込みはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年から申し込みできる場合もあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日までの1年間、返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行機関もほぼ同様の審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには手数料がかかったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりもさらに金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済を続けた後に検討しましょう。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えをしたことがありますか?大半の人は行ったことはないはずです。

借り換えをする際の流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容や状況を再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

自分に合う銀行が見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを探す際に重要なことがあります。

例としては、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと返済を早く行えば行うほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで気軽に行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

返済をする際に気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを検討するときも繰上げ返済は重要です。

家計を圧迫する住宅ローンの返済ですが現在組んでいるローンの金利よりも低いローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などで様々な費用が発生しますので、費用を入れて計算したらあまり得しなかったということもあります。

必ずシミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行う基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、月々の返済額を抑えられることなどがメリットして挙げられますがローンの借り換えとは現在とは違う別の金融機関で住宅ローンを組むことなので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

他にも借り換えを行うのを決定した場合には、借り換え先を選ぶ際に、保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなど自分に合ったローン選びをする必要があります。