転職の面接では自己主張が大事になるの?

転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数などの略歴を書くだけだと、それを読む採用担当の方に今までしてきた仕事を知ってもらえません。
どんな部署で、どのような仕事をして、どういった成果を残したのかや技能を身につけたという説明を加えることで、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれません。
辞めた原因というのが長時間労働の場合は「仕事の生産性を重視して働きたい」、仕事そのものにやりがいを感じず辞めた場合は「新しい水を得てさらに成長したい」のように言葉を変えるとネガティブな転職理由は言葉を置き換えることで、印象の良いものとなります。
履歴書に添える文章は、150?200字程度でまとめるのが良いでしょう。
転職に有利な資格の合格しておくと、いざという時にも心配しなくて済みますね。
そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。
TOEICとは、自己の英語能力を証明する資格のことを言います。
グローバル化が進んでいる今日、一定の基準を満たす英語力を有する人材を求める会社がすごく多くなってきました。
どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職するに際してとても有利な資格だといえます。